社員インタビュー

私のシゴトは優しさと心づかいを提供するシゴトだ

金子 楓

KAEDE KANEKO

前橋みなみモール店 サービスエンジニア
2015年入社

父親のクルマ好きに影響され、そのまま高校~専門学校と整備の道を志した。専門学校時代にネッツトヨタ群馬での本社見学を経て、その穏やかな雰囲気が自分の波長と合うことを実感、入社を決意する。パワフルで明るい人柄は、お客様、社内からも人気がある。

タイヤを持ち上げることさえ
できなかった新人時代

体が小さいので最初は大変でした(笑)。コンパクトカーであるヴィッツのタイヤさえ持ち上げることができなかったんです。でも不思議ですね。試行錯誤を重ねるうちに、力ではなく「コツ」で対応できるようになりました。また、女性エンジニアは珍しいのでしょうか、お客様から「がんばってね!」という言葉をいただけるのも大きな励みでした。

計画的に研修があるので、自然とレベルアップができている印象です。まだまだ足りないことが多いので、貪欲に知識と技術を吸収していきたいですね。また、勤務形態は土日出勤が多いため、友達と合わないかなと最初は心配していましたが、スムーズに有給休暇も取得できますし、平日はどこに行っても空いているので、ゆったり休みを堪能できていいですね。

女性エンジニアで社内初の
トヨタ技術検定一級を目指す

最初は、エンジニアという仕事柄、お客様とのやりとりは多くないんだろうなと考えていました。しかし、整備が終わった後には、その内容をお客様にご理解いただけるよう説明しなければなりません。最初は、うまく説明ができず試行錯誤を繰り返しました。ある日、サービスマネージャーから「説明が上手だね」と言われたことは嬉しかったですね。

より、お客様に安心と安全をお届けできるエンジニアを目標としています。その実現のために、今、トヨタ技術検定の一級を目指しています。当社の女性エンジニアで取得した人はいないので、その第一号になりたいと思っています。また、今、自分が先輩に対して感じている「頼られる」エンジニアになれるよう努力を重ねていきます。

私のシゴトは 優しさと心づかいを提供する シゴトだ。

エンジニアは安心と安全をご提供することが主な仕事です。しかし、ちゃんと作業すれば良いということではありません。その作業結果をお客様に丁寧に伝え、ご理解いただくことが必要です。そのために必要なこと、それは優しさと心づかいではないかと思っています。

MESSAGE

社会に出てから役に立つよう、資格取得を目指す人も多いと思います。でも、実際社会に出ると、いかにコミュニケーション力が大切かを実感します。だから、普段からどうやったら相手に正しく丁寧に気持ちを伝えることができるのか意識するといいですね。もちろんがんばりすぎはよくありませんので、息抜きもしながら。

Vitz

私は小柄なので、体型にあったクルマを選びました(笑)。もちろん、見た目はかわいいし、小回りも効くのでとても気に入っています。こだわりは「マニュアル車」であることですね。よく周りからも驚かれますが、走る楽しさを感じたいならマニュアル車です!