副店長

私のシゴトは人の笑顔をサポートするシゴトだ

坂田 博行

HIROYUKI SAKATA

前橋こじまた店 副店長
2007年入社

常にお客様目線で考え、全方位からお客様をサポートするサービスマネージャーとして活躍している。変化する時代にも果敢に挑戦していきたいという熱い想いを持つ一方、温厚で感謝を忘れない人柄は、周囲からの信頼も厚い。

ありのままの自分でいられる
職場の雰囲気

商業系の高校に通っていましたが、将来、自分は何をしたいのだろうかと考えた時、接客業に行き当たりました。また、父がクルマ関連の仕事をしていた影響もあり、整備士を志しました。ネッツトヨタ群馬への入社を決定づけたのは「ヒト」ですね。会社説明会で、担当者の方が一つひとつ丁寧に回答してくれたことに深く感動したのを覚えています。

そんな、人に寄り添った社風は社員の人柄にもよく表れています。本当に個性が豊かで、一人ひとりに魅力があります。私自身も、ありのままの自分を出しながら仕事ができているのは幸せだなと思っています。そんな環境なので、伸び伸びと、確実に成長を重ねることができました。お客様から指名で整備をお任せいただいた時は嬉しかったですね。

常にお客様目線で
考えることの大切さを忘れない

仕事を通じて、自分自身が成長していくことは大きな喜びでした。整備に必要な技術・知識はもちろんですが、なによりもお客様や社員とのコミュニケーションを通じて、新しい気づきや自分に足りていないものを学ぶことが多かったですね。思い通りに仕事が進まなかった時、お客様や先輩から温かい言葉をかけていただいたことは忘れられません。

言葉の選び方ひとつで、お客様にうまく伝わらないこともあります。私もそんな経験が何度もありました。エンジニアは、整備にとどまらず接客も重要な仕事です。ですから、常にお客様の目線に立ってお話しすることの大切さを後輩たちにも伝えています。また、自分がかけてもらって嬉しかった言葉は、積極的に後輩たちにもかけるようにしています。人が成長するためには、良いところを褒めて伸ばしてあげることが大事ですから。

変化を恐れず、
果敢に挑戦していきたい

今は、副店長として、整備現場の統括をはじめ、カーライフパートナーと協力してお客様へのご提案を行っています。目指すは、全社No.1の店舗です。そのためにも、さらに職場の一体感を上げ、盛り上げていきたいです。もちろん、まずは自分が率先して楽しみながら仕事をすることが大切だと思っています。

クルマの在り方や少子高齢化など、自動車業界は大きな変化にさらされています。そんな環境の中、当社は時代や環境の変化を的確に捉え、お客様や社員のために柔軟に変化しています。「良いところは残し、変えるべきは変える」そんな強い意志を感じます。私も恐れず挑戦を重ね、さらにお客様から愛される会社にしていきたいと考えています。

私のシゴトは 人の笑顔をサポートする シゴトだ。

若い頃、仕事の中心はお客様でした。しかし、今は違います。副店長として、お客様はもちろん、仕事に関わるすべてのスタッフが、どんなときでも笑顔でいられるようサポートする。それが私のシゴトです。

MESSAGE

人生において、仕事に就くことは重大なイベントです。自分の考えをじっくり整理して後悔のないよう取り組んでください。また、ネッツトヨタ群馬は長い歴史がありますが、同時に柔軟な考えをもった会社です。ひとりでも多くの仲間と夢や目標を共有したいと思っています。

ALPHARD

大人数が乗れるゆったりとしたスペースはもちろんですが、乗り心地も素晴らしいです。仲間と一緒に出かける機会が多い方、新しいご家族が増えた方などにおすすめですね。試乗いただければ、その良さを体感していただけるはずです。